FUNCTION JUNCTION SHIBUYA BLOG > ウェアー > 超高スペック!Marmot(マーモット)1000FillPowerDownJacket

超高スペック!Marmot(マーモット)1000FillPowerDownJacket

雑誌GO OUTにも掲載され話題になっている超高スペックなあの商品、ございます。

 

 

Marmot  1000FillPowerDownJacket  ¥42000+TAX

 

今回のブログは少しウンチク多めです

 

FillPower(フィルパワー)聞きなれない人も多いと思います、まずはフィルパワー(以下FP)についてご説明致します

 

FPとは羽毛の持つかさ高性を表す単位です。

量り方としては、30gあたりの羽毛のふくらみ度合いを立方インチ(2.54cm立方)で示すというもの。

インチ表記なのはもともと欧米で始まったものだからです。正直なかなかピンとこないですよね

例を挙げますと、600FPというのは30gの羽毛が600立方インチの体積に膨らむ、ということです。

単純な話FPの数値が大きいほどそれは良質のダウンですよー、ということなのでそこだけ覚えておいて下さい!

 

FPが高いとなぜ良質なのかというと、かさが高いということで羽毛が多くの空気を内包できる為、この空気が熱伝導率を低くし、内側の熱が逃げにくくなるので温かく感じられる、ということです。

つまりFPが高ければ高いほど、ジャケットなどに用いられる羽毛が量も少なくとも温かく軽量なダウンアイテムを作ることが出来るのです。

ジャケットなんかはモノにもよりますが、手のひらサイズに畳めるのでカバンに忍ばせて寒い時にさっと羽織ることなんかが出来るわけです。

 

例にも挙げましたが、一般的に600FPから良質のダウンであるとされます。

高品質ですよー!とうたうものでも800FP前後くらいなものです。(800もあれば十分ではあるのですが…)

 

そこで!コチラの1000FPという値がどれだけすごいものかご理解頂けますでしょうか!

1000FPのダウンを採取するというのはとーっても大変なことでして。

ハンガリーのマザーグースから900FP以上(これでもすごいですが)の羽毛をさらに再度選別するという特殊な採取方法をとります。

ものすごい手間をかけてようやく世界でも数百kgしかとれないという1000FPのダウンが誕生するわけです。

 

 

説明はこの辺に以下ディティールをご覧下さい

表地は7デニールという最軽量クラスのナイロンを使用

裾にドローコード有り

嬉しいあったかウォームポケット仕様

スタッフバッグ付きです

 

 

 

 

 

165cm Mサイズ着用

 

 

 

もちろんインナーにも使えます!(上に羽織ってるのはRabのNeoShellJacket)